「主は問われる、『わたしを愛するか』と」

ヨハネによる福音書21章15-19節

佐賀めぐみ教会牧師 久野 牧

復活の主イエスは、ガリラヤ湖畔で七人の弟子たちとの朝食を終えられた後に、いきなりペトロに次のように問いかけられました、「シモン、わたしを愛しているか」と。しかもその問いは一回だけで終わらずに、三回も繰り返されました。それに対してペトロはそのつど、「主よ、わたしがあなたを愛していることはあなたがご存じです」と答えています。さらにそのペトロの答えに対して主は三度、「わたしの羊を飼いなさい」と命じられました。

ここでいくつものことを考えさせられるのですが、何よりも大事なことは、「三度」同じことが繰り返されたということです。この「三」という数字によってわたしたちが思い出すことは、大祭司の屋敷の中庭でペトロが「あなたはイエスの仲間であろう」と三度問われて、三度とも「主イエスなど知らない」と答えたあの出来事です。彼はそこで大きな過ちを犯しました。主はそのペトロの過ちを今、三度、彼の主に対する愛を問うことによって、赦してくださっているのではないでしょうか。自分の犯した罪や過ちの重さで身動きできなくなっているペトロをそこから解放して、新しい使命に生きる者とするための愛の問答を、主はペトロとの間で交わしてくださったのです。主は、罪を犯した者を罰することよりも、その罪を赦して新しく生きるようにしてくださるお方です。どのような罪や過ちも、主の愛によって償われることのないものはありません。主イエスの愛は、赦しによって罪人を造り直し、新しい生へと送り出す力を持ったものです。ペトロにはこの問答の後、どのような生が主によって備えられているのでしょうか。

そのことがここで考えるべき第二のことです。復活の主がペトロに三回にわたって命じられたことは、「わたしの羊を養いなさい」ということです。主はペトロに、今後形成される教会の中心としての働きを期待し、その務めを委ねておられます。そして彼は主のご委託に応えて、死に至るまで忠実に仕える者となるのです(18節参照、殉教の死の暗示)。彼は、「ペトロは最も深く傷ついた者、しかしまた、最も深く主に癒され、愛された者」と言われるべき弟子としての生涯を全うしました。

わたしたちも、思い出すだけで心を掻きえぐられるような罪や過ちを犯して来ました。そのようなわたしたちが、今このように主の前に立つことが出来ているのは、主によって罪を赦されたからにほかなりません。わたしたちに対しても主は、「あなたはわたしを愛しているか」と問われます。わたしたちは、「十分なものではありませんが、わたしは主を愛しています。その貧しさも、わたしなりの真剣さも、主よ、あなたはご存じです」と答えるほかないものです。主はそのようなわたしたちを受け入れてくださいます。わたしたちそれぞれは、主とのそうした結びつきの中で生かされていることの幸いを感謝をもって覚えます。「キリストの愛にふさわしい者が愛を受けるのではなく、愛を受けた者がそれにふさわしく変えられて行くのである」ということが、わたしたちそれぞれにも当てはまるのです。主の愛によってわたしたちは変えられました。その事実に立つとき、生き悩む人、自分を愛せない人、また他者を愛せない人が、この主との出会いによって生きることの喜びを見出し、生きる使命を見出すものとなってほしいと願わざるを得ません。

佐賀めぐみ教会はこれから新しい段階に入ります。この地において、一人でも多くの人が愛の主イエスとの出会いを与えられて、喜びの人生を送ることが出来るように、この教会の宣教と証しと奉仕の業が、ますます御心に適ったものとなり、実り多きものとなりますようにと心から祈ります。

「復活の主との静かな朝食」

ヨハネによる福音書21章9-14節

佐賀めぐみ教会牧師 久野 牧

ガリラヤ湖畔の岸辺には、復活の主イエスが漁から帰って来る弟子たちのために朝食を用意してくださっていました。そこにはパンと、炭火の上に魚が用意されていました。さらに弟子たちが主の命令によって網を打って獲った魚の中から何匹が炭火の上で焼かれました。主はパンと魚を手ずからとって弟子たちに分け与えられました。その朝食の間、弟子たちは誰も主イエスに向かって「あなたはどなたですか」とあらためて尋ねる者はいませんでした。自分たちに網を打つことを命じられた方、そして朝食を用意してくださった方がどなたであるかは、弟子たちは既に分かっていたのです。弟子たちは静かに、そして主と共にいることの幸いをかみしめながら、平安の内に食事を進めて行きました。

弟子たちが主の命令によって舟の右側に網を打って獲った魚が153匹であった、と記されています。この数字は何を表しているのでしょうか。単純にその時の事実を知らせているものと考えることもできます。しかし実際はこの数字については、歴史的にさまざまな解釈があり、いろいろな説明がなされてきました。それぞれが意味があり興味あるものですが、そのすべてを学ぶのではなくて、ここでは一つのことだけをご一緒に考えてみましょう。

それは153という数字は、主イエスが生きておられた時代に知られていた魚の全種類を表しているものであろう、という解釈です。あるいはその当時、ガリラヤ湖で獲れる魚の種類が153匹であったのであろう、という理解がなされることもあります。正確なことはわたしたちには分かりませんが、もしそのように153によってすべての種類の魚のことが意味されているのでしたら、それによってヨハネ福音書は何を語ろうとしているのであろうかを知る必要があります。

それは、それだけ多くの魚が網にかかったことを通して、人間を獲る漁師としての働きをこれから本格的に始めようとしている弟子たちの働きの収穫や目標や、さらには祝福が示されている、と考えることが出来ます。それを示すことによって、主は弟子たちを励ましておられるのです。主は「あなたがたは漁で最初は魚が一匹も獲れなかった。そのように御言葉の種まきにおいても、収穫が全く得られないこともあるであろう。しかし諦めることなく、み言葉の種を蒔き続ける限り、必ず収穫はある。それゆえ、全国民、そしてすべての民族に対してのみ言葉の種まきの働きを、粘り強く続けなさい」、との希望の励ましを与えておられるのです。

さらに弟子たちはこの朝食において主がパンと魚を取って弟子たちに分け与えられたことを通して、同じようにふるまわれたあの最後の晩餐のことを思い出したことでしょう。「あのとき主はまだ生きておられた、しかしその主は十字架の上で死なれた、けれども今こうしてよみがえられて自分たちの前におられる、これは真実だ」という確信が彼らの中に固められて行ったに違いありません。

主イエスを裏切り、主のもとから逃げ去り、十字架の場面でも葬りの時にも立ち会うことをせず、力なくガリラヤに戻って来た弟子たちですが、そのような彼らの前に復活の主が来て、平安を与えてくださっています。弟子たちはこの主がいつも共にいてくださるとの確信の中で、宣教の業に仕える者となっていくことでしょう。わたしたちも主のみ言葉に耳を傾ける礼拝と、主の復活の命に与る聖餐の交わりを通して、主がわたしたちといつも共にいてくださるとの確信をいよいよ強くして、主のご委託にお応えする歩みを続けていきたいものです。

「舟の右側に網を打て」

ヨハネによる福音書21章1-8節

佐賀めぐみ教会牧師 久野 牧

復活された主イエス・キリストが、三度目に弟子たちの前に姿を現されたのは、ティベリアス湖(ガリラヤ湖)の湖畔でした。そこで主にお会いしたのはペトロを初めとする七人の弟子たちでした。彼らはガリラヤ湖でかつて漁師をしていた人たちやガリラヤ出身の人たちでした。彼らは今故郷に帰ってきていますが、何をしてよいのか分からない状態の中で日々を過ごしていたのかも知れません。あるとき、ペトロの「わたしは漁に行く」というひと声で、他の弟子たちも一緒に漁に出かけました。弟子たちの中には、かつて漁を生業としていた者たちもいました。

しかしその夜は何も獲れないまま帰ってきました。そのとき、湖の岸辺に立っているひとりの人が、彼らに声をかけました。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ」(6)。不思議なことに、弟子たちはその言葉に何の疑いも持たずに従って、舟の右側に網を打ちました。その結果、網を引き上げることが出来ないほどの大量の魚が獲れたのです。

この岸辺に立って弟子たちに命じた人が誰であるかに最初に気が付いたのは、「イエスの愛しておられたあの弟子」(7)、すなわちヨハネでした。彼はペトロに「主だ」と声をかけると、ペトロもすぐにそれに気が付いて湖に飛び込んで岸辺へと泳いでいきました。その後他の弟子たちも岸辺に上がり、主が備えてくださっていた朝の食事を共にとりました。これについては来週、ご一緒に考えます。

これはとても不思議な出来事ですが、このことからわたしたちが教えられることはいくつもあります。一つのことは、信仰の成長ということです。弟子たちはそれまで二度にわたって復活の主イエスとの出会いの時が与えられました(20章19節以下と20章26節以下)。しかしまだ主イエスの復活を信じる確信が固まっていないまま、主の派遣命令にも応ぜずに、ガリラヤに戻っています。そのように信仰はあるとき一気に強固なものになったり、少しも揺るがない状態になったりすることもありますが、そうではなくて、信仰は高まったり弱ったりの一進一退を繰り返すものでもあることを教えられます。それにもかかわらず、その歩みは、主の力によってゆるやかな勾配でありながら、少しずつ御心近くへと向かうことが出来るのです。弟子たちはこの出会いの後、しばらくして大きな飛躍をすることになります。

第二のことは、そのように迷いつつ歩く弟子たちを、主がいつも見続けてくださっているという事実です。このことは深い感動をもって覚えさせられます。「ガリラヤで会おう」と弟子たちに約束されたとおりに、復活の主はガリラヤに来られました。そして静かに弟子たちの動きを見ておられました主は、魚が獲れずに落胆している彼らに声をかけて、大漁へと導いてくださいました。弟子たちが気が付いていない時にも(4節「弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった」)、主は弟子たちに慈しみの眼差しを向けてくださり、ふさわしい助けの手を伸ばしてくださっています。弟子たちは不確かでも、主はいつも確かであられます。

これらのことは、今ここで信仰者としての歩みをなしているわたしたちに対しても同じです。復活の主は、わたしたちの人生の戦場において、また信仰の苦闘の場において、いつもそば近くにいて、わたしたちを見守り、助け、なすべき業を示してくださっています。主に祈りつつ、心の目を向け、心の耳を傾けるとき、きっと「舟の右側に網を打て」という声が聞こえたり、「これは主だ」というほかない主の御業に気づかされることがあるに違いありません。

主日礼拝 2022.05.15

開会     10時15分
司会  牧師 久野 牧
奏楽   十時 やよい

前奏
招詞イザヤ書60章1~5節 (旧約 p.1159)
讃美歌26  こころをかたむけ
祈祷
聖書ヨハネによる福音書21章1~8節
信仰告白使徒信条
讃美歌63  いざやともに
説教「舟の右側に網を打て」
牧師 久野 牧
祈祷
讃美歌224  しょうりの主
献金と感謝祈祷
主の祈り
頌栄539  あめつちこぞりて
派遣と祝福
後奏

「疑うトマスと復活の主」

ヨハネによる福音書20章24-29節

佐賀めぐみ教会牧師 久野 牧

トマスは主イエスの十二弟子の一人です。復活の主が最初に弟子たちの前に姿を現されたとき(20:19)、トマスはその場にいませんでした(20:24)。そのために他の弟子たちが、「わたしたちは(復活の)主を見た」と言っても信じようとはせず、主の体にあるはずの十字架のはりつけによる傷跡を見なければ信じない、と主張しました。これは特にトマスが疑い深い性格の人間であったからそのように疑ったということでは、きっとないに違いありません。むしろ「死がすべての終わりである」という通常の死生観によって、彼は死からのよみがえりなど信じられなかったということなのでしょう。ほとんどの人がそのような考え方を持っている中で、トマスも例外ではなかったのです。しかし彼は今後、弟子たちの中でただ一人、復活を信じない者として生き続けるのでしょうか。

復活の主が最初に姿を現されてから八日後、すなわち次の週の初めの日に、弟子たちはまた集まっていました。今回はトマスもその中にいました。彼は復活を信じる他の弟子たちとは一緒に行動できないと考えたのではなくて、彼らが信じているのなら自分も主に出会って信じる者になりたいという思いで、仲間と共にいたのでしょう。他の弟子たちも彼を受け入れています。そうしたトマスの姿勢を<トマスの疑いの誠実さ>と表現している人がいます。もともと一途な弟子であったトマスは疑いつつも真剣に、主イエスの復活は事実だろうかと問い続けているのです。

この集まりに復活の主はまた姿を現してくださいました。そして前回と同じように、「あなたがたに平和があるように」と告げられました。それだけでなく、主はトマスの疑いをご存じであられたのでしょう、彼に向かって「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(27)と言われたのです。自分に対する主の言葉と、自分に近づいてくださる主の温かさに打たれたトマスは、即座に「わたしの主、わたしの神よ」と告白しています。彼がそのとき、主の体の傷跡を手で触ったかどうかは記されていません。おそらく触ることなく、主との再会の瞬間に、主の復活を信じる者へと変えられたのではないでしょうか。主のお姿は、何にもまして圧倒的な復活のしるしとして、彼に迫って来たのです。

主イエスはトマスの弱さに寄り添ってくださっています。主は一人ひとりにふさわしく接してくださいます。このような主のわたしたち人間との関りを、ある人は、「主イエスは人を<個性的に>取り扱ってくださる」と言い表しています。何と感謝すべきことでしょうか。主は、このわたしにも、わたしにふさわしく関わってくださっているということを知るとき、心からの喜びと感謝を覚えます。主にとっては十把一絡げというのはないのです。

こうしてトマスは信じる者に変えられました。あるいは信じられない事柄を主によって乗り越えさせていただき、信じることができるようになりました。今の時代においても、<誠実に>疑う人のもとに主は来てくださって、信じられない状況から、信じることが出来る状況へとその人を移してくださるに違いありません。そのとき、その人の口から「わたしの主、わたしの神よ」との告白の言葉が発せられることでしょう。わたしたちは、信じられない人々のことを覚えて、「主よ、どうぞあの人の信仰の疑いを取り除いて、信じる者に変えてください」とつねに祈り続けるものでありたいと願います。                 (2022.5.8)